FXとレバレッジとリスクと損失が出た時の凄さについて

FXとは、Foreign eXchangeの略で、日本語では外国為替証拠金取引と言います。
通貨を売買し、その通貨の変動の差額を利益とします。
自宅でパソコンを使っていつでも気軽にできるので非常に人気が高く、主婦の方も手軽にやっています。
それに加え、レバレッジという仕組みがあることも見逃せません。

レバレッジというのは「てこ」のことです。
FXをやるにはその業者に保証金を預けないといけないのですが、このレバレッジという仕組みを使うとその保証金以上の掛け金でFXに取り組むことができます。

現在は金融庁の規制により最大25倍までの取引しか出来ませんが、昔は200倍とか100倍の取引ができてそれはもうエキサイティングでした。

例えば10円を預けただけなのに、200円を持っているかのような取引ができる、という感じです。

それを使うと当然利益が莫大なものになるのですが、それに比例して損失も多額になります。なので生活に余裕のない方にはおすすめできないやり方です。

それにより財産を一瞬でパーにした人はネットで検索すればいくらでも見つかります。
パーにしただけならまだしも、多額の借金を作ってしまう人もおり、テレビでも特集がされました。
YouTubeには母親の貯金1000万円をFXで失ってしまい、その母親に怒鳴られている男性の動画があります。
「FX 1000万 母親」で検索すると出てくるので興味がある方はぜひご覧になってください。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *